店舗・ATMのご案内

電子決済等代行業者との連携及び協働に係る方針

  • 電子決済等代行業者との連携及び協働に係る基本方針

       株式会社福岡中央銀行(以下、当行)は、「これまでも、そしてこれからも、地域になくてはならない福岡中央銀行となるために」の基本方針のもと、地域の皆さまに親しまれ、信頼される銀行を目指して、金融サービスの充実、健全経営、地域社会への貢献に努めております。こうした中、当行は、お客様のニーズに迅速に対応できるような付加価値の高い金融サービスを提供するため、電子決済等代行業者をはじめとする外部機関との連携・協働を通じて、新たな金融サービスの実現に努めてまいります。


       なお、当行が加盟する事業組合システムバンキング九州共同センター(以下、SBK)加盟行※1及びSBK加盟予定行※2においては、共同運営する勘定系シス テムの更改を控えており※3、現在システムの構築作業に取り組んでおります。よって、電子決済等代行業者との連携及び協働に係るシステム上の具体的内容については、すべての勘定系システムの安定稼働が確認でき次第、順次検討してまいります。


      ※1 福岡中央銀行、佐賀共栄銀行、長崎銀行、豊和銀行、宮崎太陽銀行、南日本銀行

      ※2 沖縄海邦銀行、平成31年度より加盟予定

      ※3 システム更改時期は、SBK加盟行が平成30年度下半期、SBK加盟予定行が平成31年度上半期を予定して

         おります。

  • オープンAPIに関する体制整備の有無、理由、実施完了時期

       当行は、オープンAPIが、セキュリティ水準を確保し、利用者保護を図るために有効であり、加えて、電子決済等代行業者との連携及び協働を通じたオープン・イノベーションの促進を図る上でも重要なツールと認識しており、整備が必要と考えます。


      (1)資金移動関連のオープンAPIに関する体制整備

       当行は、「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る基本方針」を実現するため、資金移動関連のオープンAPIに関する体制整備を行ってまいります。

       具体的には、下記のサービスを整備予定です。


      ○個人利用者向けサービス

         ・振込/振替      :平成32年3月目処に完了予定


      (2)口座参照関連のオープンAPIに関する体制整備

       当行は、「電子決済等代行業者との連携及び協働に係る基本方針」を実現するため、口座参照関連のオープンAPIに関する体制整備を行ってまいります。

       具体的には、下記のサービスを整備予定です。


      ○個人利用者向けサービス

         ・残高照会(普通口座) :平成32年3月目処に完了予定

         ・入出金明細照会    :平成32年3月目処に完了予定

  • オープンAPI関連システムの開発、運用等を自行で行うか、委託するかの別、及びその他のシステム構築に関する方針

       当行は、オープンAPI関連システムの開発、運用等について、外部業者へ委託します。

       当行は、全国銀行協会が公表している「オープンAPIのあり方に関する検討報告書-オープン・イノベーションの活性化に向けて―(平成29年7月)」、金融 情報システムセンター(FISC)が公表している「金融機関におけるFinTechに関する有識者検討会報告書(平成29年6月)」、「API接続チェックリスト(試行版)(平成29年6月)」、及び関連団体の公表する各種ガイドラインに基づきシステム構築を行います。

  • 当行における電子決済等代行業者との連携及び協働に係る業務を行う部門の名称及び連絡先

       当行における電子決済等代行業者との連携及び協働に係る業務を行う部門は、以下のとおりです。

          ・担当部門   :総合企画部

          ・連絡先    :092-751-4429

  • その他電子決済等代行業者が当該銀行との連携を検討するに当たって参考となるべき情報

       当行が提供するAPIの具体的な仕様などについては、当行ホームページ上で順次公開していく予定です。

以 上