店舗・ATMのご案内

預金保険制度のご案内

預金保険制度とは、金融機関が預金等の払戻しができなくなった場合などに、預金者の保護や資金決済の履行の確保を図ることによって、信用秩序を維持することを目的とした制度です。 平成17年4月以降、当座預金や利息のつかない普通預金は「決済用」として全額保護され、定期預金や利息のつく普通預金などは1金融機関につき預金者1人当たり、元本1,000万円までとその利息が保護されます。

もっと詳しく知りたい方は

金融庁ホームページ
http://www.fsa.go.jp/policy/payoff/index.html

をご参照ください。

(平成18年8月10日現在)