店舗・ATMのご案内

福利厚生

制度 他

●各種保険(健康保険・厚生年金他)●行員貸付制度 ●行員持株制度
●行員財形制度 ●育児休業制度 ●永年勤続表彰 ●退職金制度
●JTBえらべる倶楽部加入(宿泊などの補助金制度、各種サービス・特典利用)
●クラブ活動 他


福岡県子育て応援宣言
登録マーク

子育て応援宣言書
我が社は、従業員が出産・育児期を通して十分な子育てをしながら、引き続きその職務能力が発揮できるよう、次の取組みを行うことを宣言します。
取組内容

    有給休暇や半日休暇を利用して、入学式や卒業式・授業参観等に参加するよう奨励します。

    配偶者の出産時における男性の出産休暇取得を推奨します。
    育児休業中の定期的な情報交換や復帰時研修を行い、スムーズに職場復帰ができるよう支援します。
    結婚・出産・育児・介護・転居等といった事情により一旦退職した行員を再雇用する「キャリアリターン制度」による受け入れを実施します。
    仕事と子育ての両立支援制度について、パンフレット等を作成して周知します。

「一般事業主行動計画」とは、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための雇用環境の整備等について、事業主が策定する具体的な行動計画のことです。
そこで当行は、従業員が仕事と子育てを両立させることができ、全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての従業員がその能力を充分に発揮できるようにする為、下記のような行動計画を策定しました。

計画期間
2020年4月1日〜2025年3月31日(5年間)
内  容
目標1.

計画期間中に女性の育児休業取得率を90%以上、男性の育児休業を1名以上、男性のうち育児休業を取得した者および配偶者の出産に係る休暇を利用した者の割合が合わせて40%以上となる取組みを行う。

目標2.

働き方改革の重要性も踏まえ、下記の項目に取組む。
・年次有給休暇の取得率を25%以上とする。

・毎週水曜日(月初3営業日、25日以降月末までの営業日を除く)を早帰り日とする。
目標3. 育児休業から復帰する従業員の「職場復帰研修」を実施する。
「くるみん認定」

2020年6月、福岡労働局より、子育てサポート企業としての認定マークである「くるみん認定」を取得しました。

今回の「くるみん認定」は、次世代育成支援対策推進法に基づく「一般事業主行動計画(計画期間:2015年4月1日~2020年3月31日)」の取組み成果に基づき、認定されたものです。当行では、今後も従業員が仕事と子育てを両立させ、個々の能力を十分発揮できる働きやすい環境づくりを目指し取り組んでまいります。

福岡中央銀行は、より多くの女性行員がそれぞれの役割の中で活躍できる環境を整備するため、次のとおり行動計画を策定しました。

計画期間
2019年4月1日〜2022年3月31日(3年間)
数値目標
管理職に占める女性比率を18%以上とする。
 

2018年3月末
(実績)

2019年3月末
(実績)

2022年3月末
(目標)

女性管理職の比率

15.4%

16.4%

18.0%

取り組み内容と実施時期
取組1:女性管理職養成・育成研修の実施と上位職登用に向けた取組み
・2019年4月〜 女性管理職を本部(融資統括部、営業統括部等)へ派遣し、
  幅広い業務経験を推進する。
・2019年5月〜 女性行員の意識醸成と営業力を強化する研修を継続実施
・女性中堅行員、管理職を対象とした行外研修へ派遣しスキルアップを図る
 
取組2:女性融資渉外担当者育成のための研修等を実施し、定着化と配置拡大を図る
・2019年4月〜

融資マン育成プログラムの実施

・行外研修への派遣によるスキルアップ
・毎月1回開催している女性融資渉外会議の継続実施
・2019年4月〜 女性融資渉外担当者の配置拡大
 
取組3:仕事と家庭の両立支援
・2019年4月〜 退職者への「キャリアリターン制度」の周知と再雇用受入実施
・2019年10月〜 育児休業制度に関する周知(パンフレット等の作成・配布)

寮・社宅

福利厚生施設として、寮・社宅があります。
福岡市内には大名寮と警固社宅があり、各地区にも寮を完備しています。交通の便もよく、生活しやすい環境が整っています。


  • 大名寮(福岡市中央区大名)

  • 警固社宅(福岡市中央区警固)

クラブ活動

華道部、テニス部、剣道部、卓球部、将棋部の各クラブが活動しています。


  • 華道部

  • テニス部

  • 剣道部