店舗・ATMのご案内

お客さま本位の業務運営に関する取組方針

 株式会社福岡中央銀行は、「地域社会とともに発展し、これからも地域になくてはならない銀行であり続けたい」の長期ビジョンのもと、お客さまの資産形成・資産運用にかかる業務において、当行の強みである「フェイス・ツー・フェイス」「ハート・ツー・ハート」での業務活動を実践し、常にお客さま本位の金融サービスの提供を実現するため、以下の取組方針を定め、これを遵守してまいります。 また、今後も引き続きより良い業務運営を実現していくため、当該取組方針を定期的に見直し公表してまいります。

  • お客さまの最善の利益の追求
    • 企業倫理と高度の専門性を持って誠実かつ公正な業務運営を行います。また、お客さまのニーズにあった商品やサービスを提供することにより、質の高い金融サービスの提供に努め、お客さまの最善の利益の追求を図ってまいります。

      (1)お客さまの利益を最優先に考え、コンサルティングやアフターフォロー等を通じて、お客さまのニーズにあった
      商品やサービスをご提案してまいります。

      (2)お客さまのニーズに沿った最適な商品やサービスをご提案し、お客さまの期待にお応えするため、従業員の研修や資格取得の推奨等を通じて、高度な専門的知識を有する人材を育成してまいります。また、高い倫理感を持ち、誠実・公正に業務を遂行することを徹底してまいります。

  • 利益相反の適切な管理
    • お客さまの利益が不当に害されることがないよう、「利益相反管理規定」に基づく利益相反の管理を徹底してまいります。
      (1)商品選定や情報提供にあたり、お客さまの利益を不当に害することがないよう、適切に管理してまいります。

      (2)例えば、類似する商品をご案内する際に、お客さまのニーズに反して手数料の高い商品を優先して販売するといったことがないように適切に管理する態勢を整備してまいります。

  • 手数料等の明確化
    • お客さまにご負担いただく手数料、その他の費用等については、必要な情報提供を行うとともに、お客さまにその内容を十分ご理解いただけるよう、わかりやすく丁寧に説明を行ってまいります。
    • (1)お客さまにご負担いただく手数料やその他の費用について、投資経験が浅いお客さまやご高齢のお客さま等にも ご理解いただけるよう、目論見書や商品概要書、タブレット端末等を活用し、分かりやすく丁寧に説明を行ってまいります。

  • 重要な情報の分かりやすい提供
    • お客さまにご理解を深めていただけるよう、商品やサービスに関する情報を充実させるとともに、商品やサービスの販売・推奨に係る重要な情報および市場動向等について、分かりやすく丁寧にお伝えしてまいります。

    • (1)ご提案する商品やサービスの内容について、お客さまに十分なご理解をいただくよう、商品・サービスの特性やリスク・リターン、経済情勢や市場動向等をタブレット端末等の適切なツールを活用しながら、投資判断の際に基準となる情報の提供を行ってまいります。
      (2)お客さまの金融リテラシーの向上に資する取組として、金融や投資に関するセミナー等を開催し、お客さまに幅広い情報の提供を行ってまいります。
  • お客さまにふさわしいサービスの提供
    • コンサルティング等を通じて、お客さまの資産状況、取引経験、知識および取引目的・ニーズを十分に把握し、お客さまにふさわしい商品・サービスの提供を行ってまいります。
      (1)お客さま一人ひとりのライフステージやライフプランに適した商品をお選びいただけるよう、随時提供サービスや商品ラインアップの整備を行ってまいります。
      (2)お客さまの資産状況、取引経験、知識および取引目的・ニーズ、リスク許容度等の状況に照らして、お客さまの理解度を確認しながら、分かりやすい表現で丁寧な説明を行い、お客さまにふさわしい金融商品のご提案を行ってまいります。
      (3)ご購入後におきましてもタイムリーな情報提供を行うとともに、適時適切な方法によりアフターフォローを行ってまいります。
  • 従業員に対する適切な動機付けの枠組み等
    • お客さま本位の業務運営を実現するため、業績評価体系や従業員の研修等、適切な動機付けの枠組みやガバナンス体制を整備してまいります。
      (1)お客さまに満足いただける高度な金融サービスを提供するため、行内教育や研修を充実させ、お客さまから信頼される人材の育成に努めてまいります。
      (2)お客さまのニーズに沿った金融サービスの提供を目指し、従業員の評価においては、お客さま本位の業務運営を促す適切な動機付けを行ってまいります。

以 上

 ※1 当行は、複数の投資性金融商品・サービスをパッケージで販売・推奨等を行っていないことから、金融庁原則5(注2)
   および 原則6(注2)に該当する項目はありません。
 ※2 当行は、投資性金融商品の組成に携わっていないことから、金融庁原則6(注3)に該当する項目はありません。

(2021年6月30日改定版)
(2021年7月16日※1・2追記)


「お客さま本位の業務運営に関する取組方針」に基づく金融商品に係る業務運営の取組状況の公表について


重要情報シート(金融事業者編)について

重要情報シートは、重要な情報をお客さまへ分かりやすくご提供することを目的として、金融商品の販売会社である当行の基本情報、取扱商品、商品ラインナップの考え方、苦情、相談窓口を記載してます。
⇒重要情報シート(金融事業者編)